算命学

中国で発祥した干支歴をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命を占う中国占星術、中国陰陽五行を土台とした運命学です。

算命術とも言われ、算命という言葉は「命を計算する」を意味しており、命理学全般を表す用語です、生年月日の干支から人間の特性、運命を推し量る学問です。

算命学思想は「天」「地」「人」三才と陰陽の思想からなり、「人」の運命は、「役割と環境が一致すところにおいては、自然(古代においては神)がその人を必要とする存在となり、役目と環境が一致しないところにおいては、自然はその人を陶汰する」という厳格な判断をします。